ダリへの道も一歩から

天才と言われている絵画の巨匠は本当に天才なのか?努力によって才能を開花させることはできるのか。

多摩美術大学の油絵受験初日:デッサン

今日から多摩美の油絵が始まった。

1日目デッサン、2日目油彩、3日目学科である。

去年のデッサンも人物だったので、美術予備校では何枚か人物を練習してきた。

 

f:id:hahaja:20190210151231j:plain

採点基準は公表されていて、

出題内容の把握・理解

基礎的な表現力・描写力

独創性(オリジナリティ)

作品への意欲的取り組み

魅力ある感性

 

以上である。

 

娘は人物が苦手だ。

人が苦手なので、人を観察するのが苦手なのかもしれない。

おととしは女性モデルだったが、去年は男性モデルだった。

そういえば、女性は描いたことあったけど、男性を描いたって聞いたことないかも。

やだ。

なんだか、不安になってきた。

 

もう始まっているので仕方ないけど。

 

男性を描いたのは石膏像だけだ。

美大受験生が描く練習をよくする『ガッタメラータ』

 

美大進学希望の受験生が描く練習をする石膏像はいくつかあって、ガッタメラータはその一つだ。

 

娘の高校には美術コースがあって、娘はそこに通っているのだが、毎年秋に美術コース全員でのデッサンコンクールが行われる。

高校1年生から3年生まで。

学年関係なく、本番さながらの真剣勝負だ。

 

高校にはいくつかの石膏像が置いてあるが、その中でコンクール時に描かされるのは

 

パジャント

ブルータス

マルス

ジョルジョ

モリエール

それとガッタメラータの6体だ。

 

それなのに娘は3年連続ガッタメラータに当たった。

6体もあるのに、一番苦手な石膏像を引き当てるとは…なんだか、ご縁があるのではないか?←ジーサンだけどね。

 

受験同様のくじ引きで、描く対象も場所も決まる

コンクールなので順位も決まる。

1年時は45位以下のその他大ぜい。

2年時は35位くらいだったか?

最終学年の今年は7位になったと喜んでいた。

 

モチーフが石膏像でないことがありがたい。

 

苦手な木炭だが、油絵に進む者は仲良くせざるを得ない道具の一つだ。

木炭で作られた『チャコペン』を使うと、鉛筆みたいで描きやすいそうだ。

おかげでだいぶ木炭デッサンに自信もついたようだ。

 

今回も描く時間は6時間。

ただ、検討を祈るばかりだ。

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村