ダリへの道も一歩から

天才と言われている絵画の巨匠は本当に天才なのか?努力によって才能を開花させることはできるのか。

スタインウェイはやる気スイッチを押せるのか

 今までに一度だけ、2000万円以上するスタインウェイを弾いたことがある。

f:id:hahaja:20190321215400j:plain

私の中学からの唯一の友人は音楽一家で育ち、音高→音大→ピアノの先生になったのだが、大学生の時にその友人にピアノを習っていた。

小学生の時ピアノを習っていたので、家にはアップライトピアノがあった。

当時の価格で50万円くらい。

今では電子ピアノなどもあり、価格はかなり安くなっているが、当時は一番安くてもそのくらいの値段がしたのだ。

 

友人の家にはグランドピアノが2台とアップライトピアノが1台あった。

友人のお母さんも音大出て、家でピアノ教室をやっていた。

成長した娘にお教室を譲る予定だったためだろう、彼女は大学生のうちから生徒を何人か持ち始めていた。

ピアノ経験のある私に、ある日誘いがかかった。

「お家にピアノがあるのに、使わないのもったいないよ。お友達価格でいいからやってみない?」と言われ習い始めた。

週に一回ピアノのお教室に通ったが、大学生はバイトやサークル、デートに忙しい。

友人の家で弾く以外、ほとんど弾く時間がないので思った通り上達しない。

友人に勧められたから再度始めたようなものなのだから、練習しないのも当然と言えば当然だ。

やっぱり続けられないなと思い友人に相談すると、「せめて発表会だけは出て欲しい」と言われ、ショパンを弾くことになった。

仕方なくそれなりに練習して、まぁ許される範囲かな。というところで発表会当日。

夜の発表会本番の前に、リハーサルで皆1回ずつホールで弾くことになった。

「ホールにあるのはコンサート用のスタインウェイなんだよ。」

と友人には聞いていた。

ja.wikipedia.org

友人宅にもスタインウェイが1台あり、同じメーカーなんだなぁ。くらいにしか思わなかった。

弾いてみて驚いた。

鍵盤が異常に軽いのだ。加えて響きがスゴイ。

400人近く入るホールなのだから、もちろん音響もよいのだろう。

いつもの調子で弾いてしまうと、音が全部フォルテ以上になってしまう。

フォルテのつもりで出した音は、思わず耳を塞ぎたくなるほど、むちゃくちゃ大きくなってしまうのだ。

ヘタクソなのに、余計酷いデキになってしまう。

まごまごしているうちに、リハーサルは終わってしまった。

次に弾けるのは本番の一回。

待ち時間の間に膝の上で指運びを何度も練習する。

暗譜はできていたのだが、装飾音が多い曲なのに、それが強くなりすぎると余計聞きづらい。

直前まで練習していたが、結果はひどかった。

暗譜はできていても、曲としての完成度が低すぎたのだ。

 

発表会後の2週間、私は毎日自宅のピアノで練習した。

ピアニッシモとフォルテ、いくつも入る装飾音符。

これ以上に今の自分では弾けない、という程度までしあげた。

翌々週のレッスン日に友人宅で弾いたところ、

「発表会の時に、これが弾ければ良かったのにね。」

と呆れたように言われた。

ごめんね。

スタインウェイがあんなにスゴイものだとは知らなかったんだ。

やる気のない人に、その衝動を湧き起こさせるものだとはわからなかった。

 

そこのコンサートホールでピアノのお教室の発表会を行うのは珍しいようで、友人はとても自慢げだった。

そのピアノを弾くために、そこで発表会をするのだと言っていた。

置いてあったのはスタインウェイの最高峰、D-274。

調べてみると2200万くらいするらしい。

うちに置いてあったアップライトピアノと比べると44倍の値段だ。

値段の高いものにはそれなりの理由がある。

『やる気スイッチ』を入れることさえできるのだ。

良い道具を与えられれば、良い表現をしようと努力する。

努力すれば、より良い表現ができるようになり、良い道具がより良い音を出す。

 

おそらく美術も同じなのだ。

描きやすい筆は良い表現をしようとする励みになる。

美しい色は、それを生かす魅力的な表現をしようと務めさせるはずだ。

道具をけちってはいけないのだ。

 

「新しい絵の具が欲しいの。」

娘に道具の無心をされるたび、私は心の中で念じる。

良い道具は良い表現につながる。家計がひっ迫しても道具代をけちってはいけない…。

念仏のように唱えながら、諭吉さんが娘へと渡されていく。

値段の高いものには、それなりの効果がある。という文言は、単なる自己暗示ではないことを望みながら。

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村