ダリへの道も一歩から

天才と言われている絵画の巨匠は本当に天才なのか?努力によって才能を開花させることはできるのか。

受験まであと3ヶ月だよ

受験本番まであと3ヶ月となった。

最近ちょっとビリビリし始めているうちの受験生。

少し情緒不安定気味のようだ。

現役時代よりもよっぽど準備はできているとは思うが、普通科大学よりもずっと結果が読みにくいのが美大入試。

問題の傾向を読み解いて、ヤマをはりながら準備をするしかない。

 

水曜日から朝のクロッキーに『人物』だけでなく『手』を加えてみた。 

f:id:hahaja:20190423103636j:plain

予想通りというか。

予想以上というか。

描くのが難しいようだ。

『手』には関節がいくつもある。

どのくらい曲がるかとか、どのように手の平と指がついているかとか、甲からのつながり具合はどうかとか、指同士の兼ね合いとか、爪とか、考慮しなければならないことが数多くある。

多くの人が見慣れている部分だけに、二次元に描いてみるとちょっとした違和感が解りやすい。

娘は高校時代、

「石膏像と手が描ければ何でも描ける」

とデッサンの授業中に言われたようだ。

石膏像デッサンも描くのは大変だが、手も同様だ。

 

当初は10枚中1枚だけ手を描く予定だったが、『描けない』ことがわかったので毎日2枚ずつ描くことにした。

描けなさ具合を考えると、3枚描いた方がいいのではないかと伝えたのだが、とりあえず1週間は2枚で様子を見ることにした。

『人物』クロッキーをさせてみると、手と足と顔に問題がありそうだったのだが、最近足は良くなってきたように思える。

足はやらなくてもいいかもしれない。

というか、問題は手と顔だ。

複雑な形で難しいとされている手と、娘の苦手な顔。

浪人生になってから手は全く描いていないが、顔は何枚か描いているので手の方が問題ありかも?

火曜まで様子を見て、足りないようなら枚数を増やして描くしかない。

多摩美の油絵実技は、例年デッサンが人物なのだ。

 

娘の実技試験は来年の2月3日、月曜日から始まる。

ムサビの油絵科のデッサン試験が初日だ。

枚数を描くことは、基礎力を上げていく事につながっていく。

よく見て、考えて、描くしかないよねー。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村