ダリへの道も一歩から

天才と言われている絵画の巨匠は本当に天才なのか?努力によって才能を開花させることはできるのか。

全科統一コンクールはぴーぴー

娘がうるさい。

まとわりついて、ぴーぴー騒ぐ。

まるで、幼稚園児のようだった。 

f:id:hahaja:20190923195908j:plain

ヒナようにぴーぴーとなく

世間では3連休の最終日、娘は午後から映画に出かけて行った。

今回は2連休だ。

土曜日まで予備校の授業があって、日曜、祝日と休みだった。

娘の通う予備校は、一学期は祝日は授業があることが多かったのだが、二学期は休みになることが多い。

予備校が休みだと、当然予備校で絵を描くことができなくなる。

家で描くしかないのだが、娘は今回の休みの間中予備校に行きたくてたまらなかったようだ。

 

予備校では、1日で何枚か仕上げる時と、2~4日で1枚仕上げる時と、ばらつきがある。

今回は2日で1枚仕上げる課題だ。

お題はデッサンの『自画像』。

しかも、全科統一コンクールというおまけ付きだ。

人間の顔の苦手な娘には、できるなら回避したい課題の一つ。

  

娘の通う予備校の、全ての科で同じ課題で作品を描く。

油絵科、日本画科、彫刻科のファイン系だけでなく、デザイン系も含む全ての科で合同で行うのだ。

デッサンは専攻により使う画材が変わってくるので、その専攻それぞれで木炭だったり鉛筆だったりと使う画材が違う。

現役生、浪人生含め全員が対象なのだそうだ。

 

デッサンの描き方を変えて2枚目の作品。

試行錯誤を繰り返しながらも、新しいことにチャレンジしつつ描かなくてはならない。

連日で描ければまだ良かったのに、間に2日休みが入った。

2日間、加筆できずに考えを巡らせるだけの時間が過ぎる。

プレッシャーは相当らしい。

落ち着かない様子の娘は、不安が高じると鴨のヒナのように私の後をついて回る。

19歳にもなって、母親にぺったりとくっついたりして大丈夫なのだろうかとかなり不安にさせられる。

情緒不安定になっているようで、すぐに泣いたり怒ったりする。

昨日はそんな様子だったが、今日は少し落ち着いたらしい。

映画を観に一人で出かけて行った。

メンタルを鍛えることも考えて、間に二連休を挟んだのだろうか?

明日は落ち着いて仕上げられるといいね。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村