ダリへの道も一歩から

天才と言われている絵画の巨匠は本当に天才なのか?努力によって才能を開花させることはできるのか。

4期目は総合力強化コース構成力とイメージ力をつける

美術予備校の夏期講習も折り返し地点。

3期まで終わった。

3期最期の課題は画像を見せてもくれなかった。

うまく描けた時には見せてくれるが、そうでない時には見せてこない娘。

人物は総じて苦手だ。

特に顔を描くのが辛いらしい。

 

4期め最初の課題も人物。

人物と透明なモノを組み合わせて描く課題。

透明なモノの範囲がどこまで入るか悩んでいた。

透明な物体なのか、透明な物質なのかで範囲が変わる。

「透明っていっても、空気はダメだよ。」って先生がおっしゃっていたそうだから、空気以外の透明なものならなんでもアリだということか。 

f:id:hahaja:20190805094001j:plain

透明な物質なら、湯もあり。

透明なモノをどう描くか、考えるとワクワクしてくるようだ。

透明なプラスチックの板、ガラス、水、透明なラップ、透明なレインコート。この前描いたレインコートは透明ではなく白だった。

そういえば初めてガラスのコップを描いた時にも、形を取るのは難しそうだったが透明感を出すのは楽しそうだった。

水の入ったガラスのコップとかアリガチなモチーフだけど、そういうのも入るんだろうな。

デッサンでは何枚も描いてきた透明なモノだが、油絵ではどうかな?

描く素材が変わると表現方法も変わってくるから、うまくいくときもそうでない時もある。

今回の課題はマチエルを作らないかもと言っていた。

下地が必要な作品とそうでない作品があるらしい。

今回の課題は見せてもらえるかな?

戻ってくるのが楽しみだ。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村