ダリへの道も一歩から

天才と言われている絵画の巨匠は本当に天才なのか?努力によって才能を開花させることはできるのか。

夏期講習素描強化コース終了して一日休み

夏期講習素描強化コース、怒涛の10日間が終わった。

最期の課題は人物のイメージ課題。

モデルさんと渡された石膏像の写真を組み合わせて描くものだ。

もちろん木炭。

2日間かけて仕上げるので、ちょっと長めだった。

 

「くすっと笑えるんだけど、もっとリアルにしてくすっと度合いを上げて欲しい」という講評。

世界観をもっと強く押し出せということか?

10日間毎日8時間授業があるというのは、かなりキツかったらしい。

土曜日は帰ってきて夕飯を食べたら、お風呂にも入らずあっという間に寝てしまった。

昨日は久しぶりの休日。

お昼近くまで起きてこなかったので、12時間くらい寝続けていたのかも。

 

素描強化コースは先週で終り、今日から夏期講習の3期め6日間が始まる。

3期・4期は総合力強化コース。

油絵科コースは、学生によりけりで素描か油かを選べるようだ。

指導いただくM先生に確認したら、油をやるようにと娘は言われた。

 

油は今まで全部で30枚くらいしか描いてないという。

高校生になって絵を描き始めてから3年で30枚しか描いてないんだから、まだまだ描きが足りないよね。確かに。

木炭デッサンは現役時代までで、木炭紙に描いたのだけで100枚くらい。

美術予備校の1学期だけでも木炭デッサンは結構描いているから、3期は油絵をやった方がいいよとM先生からのアドバイスを受けたのだ。

 

久しぶりの油絵。

嬉しいらしい。

浪人生になって、油絵は1学期の最初と最後に1枚ずつ描いただけだ。

今朝は、筆と絵の具をもって今朝はいそいそと出かけて行った。

最期の講評で先生方から『油の盛りとか筆跡とか、絵画的要素についてもう少し考えて描くように』と言われたので、休み中にちょっと筆の練習をしていたのだ。 

f:id:hahaja:20190729102111j:plain

油絵具練習中☆アクリルと油が混在

総合力強化の夏。

水分を摂りつつ頑張っているだろうか。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村