ダリへの道も一歩から

天才と言われている絵画の巨匠は本当に天才なのか?努力によって才能を開花させることはできるのか。

夏期講習素描強化コースはしんどいらしい

美術予備校夏期講習2日目。

木炭デッサンの講評があったらしい。

あくまで『らしい』にとどまる。

なぜなら、どうだったか教えてもらえなかったからだ。 

f:id:hahaja:20190131101352j:plain

予備校に通う娘が、絵を自分で思った通りに描けなかった時はわかりやすい。

何を描いたか。

どう描いたか。

どんな講評を受けたか。

全く話題に上らなくなる。

 

そういう時には、お腹の痛い小さな子供の様に。

丸くなって。

膝を抱えて。

しょんぼりとした顔をして、ただ静かに座っている。

基本的に会話は成り立たなくなる。

何を聞いても『うん』か『ううん』しか言わないからだ。

お腹すいた?の問いなら別に構わないのだが、何が食べたい?にはその答えでは困ってしまう。

でも、

そういう時は、できるだけ放っておくしかない。

少しくらい食べなくたって、10代後半の娘は衰弱したりしないし、水分だけちゃんと取らせておけば大丈夫だろう。

 

一昨日から始まった美術予備校の夏期講習。

一期目は10日連続で通う素描強化コース。

最初の課題静物は、2日で仕上げた。

 

美術作品に正解はないが、大学受験デッサンにはある程度の正解がある。

それをきちんと把握し、期待されている、もしくはそれ以上のデッサンを表さねばならない。

頑張ってね。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村