ダリへの道も一歩から

天才と言われている絵画の巨匠は本当に天才なのか?努力によって才能を開花させることはできるのか。

楽しいけれども難しい、油絵の課題

久々に描き上げた油絵。

思い通りに描けて楽しかったようだ。

 

今回の講評は、

「すごく強い絵。パット見の強さがある。でも、なんかポスターっぽい。油の盛りとか、筆跡とか、絵画的な要素がもっと欲しい。」

だった。

油絵を描くと言う事は『油絵具で描くことの意味』を毎回求めらる。

その絵をなぜ油絵の具で描いたのか。

なぜアクリル絵の具ではないのか。

なぜ水彩絵の具ではないのか。 

f:id:hahaja:20190714204838j:plain

日本語で物事を考えるときと、英語で物事を考えるとき。

同じ問題提起であっても、筋道も結論も全く違うものになるのと同じことだ。

たとえ同じ人の頭の中で起こる事であっても、考える言葉を変えることで、結論まで変わってしまうのは不思議だ。

バイリンガルやそれ以上の人達の苦労がしのばれる。

 

水彩で描くかアクリルで描くか油で描くかによって、出来上がりがまるで変わる。

というか、変わらないのならその素材を使う意味がない。

その素材を使って描く意味を、いつも考えて描かないといけないように思える。

 

今回の講評では、「技法的な意味で、絵の表面に執着を持ってほしい」と言われたように感じた娘。

筆の跡や油の盛り。

絵画らしさを 絵の表面に出さなければならないということか。

 

絵の話を聞いていると毎度、『大変だね』と言ってしまう。

それを受けて娘はいつも

「大変じゃないよ。楽しいよ。」

と困ったような顔で答える。

こんな難しい課題をいつも突き付けられて、大変じゃないのかと問う私に、

「楽しいよ。難しいけどね。」

と答える娘。

楽しいからやれる。

けど、難しいことをやっているので、時々頭が熱く痛くなってしまう。

難しいけれど、アイデアが出てこないと辛いけど、大変じゃないと答える。

ふうん。そんなものなのかねぇ。

 

油絵を描いて楽しいことはわかったが、課題はまだまだ山積みだ。

一学期と夏期講習の間にある休み中に、やるべきことはたくさんあるらしい。

ただ見守るしかない。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村