ダリへの道も一歩から

天才と言われている絵画の巨匠は本当に天才なのか?努力によって才能を開花させることはできるのか。

透明水彩やっと終わった。油絵との関係はいかに?。

 

美術予備校での透明水彩ウィークが終わった。

油絵科なのになんで透明水彩なの?とずっと思っていたのだが、どうやら効果はあったようだ。

 

油絵をやり始めて3年たつ娘。

初めて描いた時には何をどう描いていいのかさっぱりわからず、かなり戸惑っている様子だった。

いまだにどうゆうものが描きたいのか、はっきりとはわからないようだ。

 

でも、

美術予備校での水彩画ウィークのおかげで、なんとなく描きたいものに近づいた感じがするという。

今までで描いてきたものよりも、ずっと。

 

「今までは、『自分が描きたいもの』から50mくらい離れていたような気がするの。それが、1mくらいに近づいた感じ。でも、中心は全然見えない。」

と娘は話す。

いやいや。

50m離れていたものが1mに近づいたのなら、すごい近いでしょ?と言うと、そうではないのだという。

 

「油絵を初めて描いてみた時はね。

何をどう描いていいのか、さっぱりわからなかった。

例えるのなら。

森の中に立っていてね。

目の前に大きなクレーターがあるの。

足元は底がみえるか、見えないかわからないような崖なの。

崖の端に私は立っているの。

とっても大きなクレーターでね。向こう側は全く見えないの。 

f:id:hahaja:20190620125225j:plain

崖の端に立つ

2kmくらい離れたところに、ぼんやりと小さな球体が見えるの。

直径10mくらいかな?の球体。

浮いてるの。目の高さよりちょっと高いくらいのところに。

そこが目標地点だってわかるの。

足元をよく見るとね。少し低いところに、ところどころに足場になりそうなところがあるの。

後ろにある森から木を切り出して、そこに棒をさしたり土をかけたりして少し足場を作ってみたの。

うまくいったり、失敗したりしながら、足場を作って、進んでって繰り返して、なんとか球体の近くに行こうとしてみたの。

そこにいけば自分が描きたいものがあるような気がするの。

 

球体から50mくらい地点にきたところに、少ししっかりした足場を発見したのが受験期。

絵を描くのって、踊りを見せてるようなもの。

私はこんな風に踊れますよ。こっちを見てって、踊って見せてるの。

橋の上で踊るより、足場の上で踊る方が安定してるでしょ。

だから、しっかりした足場を探して、そこで踊っているの。

どう描いたらいいのか、迷いながらやっていて。でも、描くしかないから描いていて。

で、浪人生になった。

今回の透明水彩のおかげで、今までよりなんだかいい橋が作れて、もやっとした球体の近くにちょっとした足場が見つかって。

急に来れた感じ。1mくらい近くに。

安定した、小さな足場に来れた感じ。

ここでまた土台をもう少ししっかりさせて、足場を作り足すことができそう。

 

もやっとした球体は、最初に見た時より少し大きくなっていて。

直径20mくらいあるの。

真ん中は見えなくって、ど真ん中に私の本当に描きたいものがある。

それが、半径10mのもやっとしたものをまとっている感じ。

 

この足場から手を伸ばしても届かないけど、でも、あともう少しで触れそう。

あと一歩なの。

 

触れられるところはもやっとしているんだけどね。」

にやりと笑って娘は言う。

 

もやっとの中は、真ん中に向かうにつれて粘度が高い感じだという。

近くには来れたけれど、これから先はまだ全然わからない。

もやっとの中は手探りで進んでいくしかない。

 

本当に描きたい絵は、その中心にある。

絵を描く人は、自分の本当に描きたい絵を探し続けているのだという。

 

画狂老人と自ら名乗った葛飾北斎も、死の床にあって『あと5年あれば本当の絵師になれただろうか』とつぶやいたというし、レオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザも、ずっと手元に置いて時々描き足していていた未完成作品だという。

 

むろん巨匠と同列には扱えないが、絵を描く人たちは本当に描きたい『完璧な一枚』を探す旅を続けているだろうか。

 

描いても描いても届かない、自分の本当に描きたい絵。

まだまだ旅は始まったばかりだ。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村