ダリへの道も一歩から

天才と言われている絵画の巨匠は本当に天才なのか?努力によって才能を開花させることはできるのか。

ラグビー日本代表のユニフォームって覚えてる?

うちは集合住宅に住んでいる。

252世帯が暮らすURの高層マンションだ。

家からエレベーターまで他家のドアの前をいくつか通る。

あるドアを通り過ぎた時、子供の声が聞こえてきた。

f:id:hahaja:20190520121346j:plain

「ラグビー日本代表のユニフォームみたいなの着ちゃって。」

幼稚園児くらいの男の子の声だ。

出かける直前なのだろう。

玄関のドアが少し空いていた。

先ほどと違う子供の声?が小さく何か言うのが聞こえ、母親とおぼしき声が何か答えている。

忘れ物でもしたのか?

一旦玄関から室内へと戻る音。

私たちは主人と娘と三人ででかけるところで、そのままエレベーターホールへ、するとまたさっきの子供の声。

「ラグビー日本代表のユニフォームみたいなの着ちゃって。」

どうやら、だれかの服装をからかって発言しているらしい。

大人のセリフのまねをしているような口ぶりだ。

そのうちエレベーターが来てしまったので、私たちは乗り込んだ。

かの家族はまだ来ない。

エレベーターの扉は締まる。

私たちは顔を見合わせてふっと笑う。

「ラグビー日本代表ってどんなユニフォームなんだろうね。」

と私が言うと

「赤と白のボーダーのやつだよ」と殿さまが答え

「そうそう、左胸の上の方に桜の花がついているやつ」と娘が答える。

私たち三人ともインドア派で、スポーツニュースとかでさえあまり見ない。

それなのに、殿さまも娘もラグビーのユニフォームを覚えているのかと、少なからぬ衝撃を受けた。

私が覚えているラグビーのユニフォームの色は母校のものだけだ。

それも、大学時代ラグビー部の友人がいて、さんざん話を聞いたために、『紫紺のユニフォーム』が記憶されているためだ。

画像ではなく、言葉として。

 

仕方なく、家に戻ってからネットで調べた。

確かに、赤と白の太いボーダーで、桜の花がついている。

 

 

殿さまも娘も、私よりもずっと色に敏感だ。

娘が美術系に進もうとしているのは、やはり殿さまの血を引いているんだなぁ。と考えてしまう。

いやいや。別にいいんだけどさ。

自分がわからないこと、娘がわかるの嬉しいし。

嬉しいんだけど、なんだかちょっと

三人家族なので、ちょっとした疎外感を感じてしまう。

 

ラグビーしないし。

すっごく興味とかあるわけじゃないし。

ユニフォームの色とか覚えてるからっていいことあるわけじゃないし。

でもさ。

二人ともちゃんと覚えているのに、私だけ全く覚えていないのって。

 

 

 

なんだか、ちょっとくやしい。

 

よね。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村