ダリへの道も一歩から

天才と言われている絵画の巨匠は本当に天才なのか?努力によって才能を開花させることはできるのか。

石膏像(組み石膏):ヘルメスとスチールパイプの立方体

オリンピア12神の一人、ヘルメス。

旅人、商人などの守護神だ。

生まれてすぐにアポロンの牛の群れを盗んだ、盗人の庇護者でもある。

陽気で人懐っこく、口がうまく嘘つき。

天界と冥界を行き来するメッセンジャーでもあり、それを表す羽根の生えたサンダルを履いている。 

f:id:hahaja:20190516202850j:plain

幼いディオニューソスを抱くヘルメス部分

美大入学試験の定番の石膏像ヘルメス。

本物はアッティカの彫刻家プラクシテレス作とされている『幼いディオニューソスを抱くヘルメス』オリンピア考古学博物館所蔵

 

 のヘルメスに、なぜかスチールパイプで作った立方体(枠)をかぶせたたものが課題だった。

 

石膏像とメタリックの対比を描かせたかったのか?

残念ながら画像を撮り忘れてしまったそうだ^^;

 

メタルパイプを頭にかぶせたヘルメスの講評は、

『調子が綺麗でいいんだけど、上の方が眠いねぇ。眠いのが気になって見れない。』

顔の部分がぼやっとなってしまったそうだ。

「上の方を隠してみれば、格好いいと思うんだけど。

メタルチックな金属的な感じはうまくだせたと思うんだけど。」

と、夕飯を食べながら娘は話す。

『眠いのが気になって見れない。』

というのは、残念ながら講評してもらえない。という回答だ。

一枚の絵の中に、極端に気になってしまう不快な部分があると、講評してもらえなくなってしまう。

その不快な部分にどうしても目がいってしまって、他の部分を見れなくなってしまうらしいのだ。

まして今回、『眠い』とされたのは主役のヘルメスの顔だ。

 

石膏と、他の静物を組み合わせる『組み石膏』は、当然ながら石膏単体で描くよりもぐっと難しくなる。

その『静物』らしさと、『石膏』らしさを考えて一枚の絵に仕上げるからだ。

 

今回の組み石膏はうまくいかなかったようだ。

うまくいかないのは悔しいらしい。

残念だったね。

次回にまた頑張って欲しいと願う。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村