ダリへの道も一歩から

天才と言われている絵画の巨匠は本当に天才なのか?努力によって才能を開花させることはできるのか。

これがほんとのハニートラップ?!お行儀なんて構っていられない。

君は知っているか。はちみつの一番おいしい食べ方を。

パンケーキにつける?

…ナンセンス!!

 

紅茶に入れる?

…イギリスかぶれか?!

f:id:hahaja:20190319224536j:plain

 

クアトロフォルマッジョにかける?

…うん。確かにそれはおいしいよ。

私も昔はそう思っていたさ。

ダイレクトはちみつを知るまではね。

 

ダイレクトはちみつ。

パックのはちみつをそのまま口に垂らすだけさ。

おっと。

お行儀が悪いなんて言わないでくれ。

金属のスプーンを使えば金属の。

プラスチックならプラスチックの。

木なら木の。

道具を使うと、その道具がどうしても舌に当たってしまうだろう?

それがいけない。

はちみつの、あのねっとりとした柔らかな質感を、しっかりと舌の上に乗せるためには、ダイレクトが一番いいのさ。

プラ容器の逆ボトルタイプがおすすめなんだ。

キャップを外してボトルの側面を押すと、ゆっくりと滴り落ちてくる。

それを舌の上に受け止めるのさ。

蜜が少したまるまで、しばらくそのまま待つ時間も至福のひととき。

かすかに甘い花の香が、はずかしそうに鼻に抜ける。

うっとりしてボトルをしぼり過ぎてはいけない。

気を付けないと唇からこぼれてしまうよ。

 

ほら。きつすぎるよ。ボトルを押す指をゆるめてごらん。

最期に糸をひいて、蜜がボトルに戻っていく。

そうしたらそうっと唇を閉じて、その馥郁(ふくいく)たる香りをたっぷりと味わってみよう。

君の目の前には広大な花畑が広がる。

ひらひらと踊る小さなちょうちょが見えるようだね。

え。なんだい?

もうがまんできないって?

 

ふふ。

そうだね。

舌で存分に味わうがいい。

今まで君が食べていたはちみつは、いつもいつも脇役だったろう?

初めて味わうはちみつ本来の味。

はちみつとしっかり語らいたまえ。

君の心をとらえて離さないに違いない。

 

 

「お母さん、聞いてる?」

はっと気づくと、娘が目の前にいた。

一瞬、自分がどこにいるのかよくわからなくなってしまった。

あぁ。

パックのはちみつを直接口に垂らしたりして、お行儀が悪いと娘を叱っていたんだった。

スプーンを使うよりずっと美味しいから、試してみてと言われてしてみたんだった。

 

いけない。いけない。

私は、はちみつと対話をしていたらしい。

お行儀をしりぞけるはちみつの魔力。

これ以上トリコにならぬように気を付けなければならない。

                    

ほら。君の家の台所にもあるだろう?

可愛い黄色い小悪魔が、君を誘惑しているのがみえるようだ。

気を付けないと、小さな針でさされてしまうよ。

 

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村